ブログ

2022-05-21 18:13:00

医療ハイフとエステ、どっちがいいの?エステハイフは本当に効かない?

医療ハイフ.jpg

 

こんにちは。小顔専門サロンRay Leiです。当店は、エステハイフをご提供するお店です。

ハイフには、医療とエステの2種類があるので、どちらにしようか迷われる方は多いでしょう。

こちらの記事が、ご選択の参考になれば幸いです。

 

 

医療とエステ、どちらがいいのか?

 

これからハイフを受けてみようと思う方にとって、医療とエステのどちらにするかは、最初の迷いとなるでしょう。

効き目は?効果は?持続期間は?わからないことだらけですね。まず、医療ハイフのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

 

医療ハイフのメリット

 

  1. 万が一の事故があっても、お医者様がすぐ対応できる
  2. 出力を高くできるので、1ショットの効果が高い
  3. 医師が施術をするので、安心感がある

医療ハイフのメリットは、なんといっても「確実性」と「安心感」でしょう。

お医者さまが提供しているというだけで、信頼して任せられると感じますよね。

 

 

医療ハイフのデメリット

 

一方で、何事にもデメリットはございます。

  1. 値段が高い
  2. とにかく痛い。麻酔を塗るクリニックも
  3. 痛いと言っても「大丈夫だから」と言われる
  4. 出力は高いが、ショット数が少ない

 

医療も経験があるお客様いわく、「痛いと言っているのに、レベルを下げてくれなかった」クリニックもあったそうです。

お医者様は自分の知識に自信がありますから、「これくらいなら痛くても大丈夫(文句言わないで)」という態度のところも、もしかしたらあるのかもしれません。

痛いのにレベルを下げないのは、医療的には大丈夫でも、精神的には大丈夫じゃないですよね…。

 

2.jpg

3.jpg

 

そして意外なデメリットが、「出力は高いけど、ショット数が少ない」という点です。

麻酔を塗るほどの高い熱を、細かく撃っていくのは、やはり危険が伴います。痛みも倍増してしまうことでしょう。

そのため、クリニックでは出力を上げる分、ショット数は少ないところが多いようです。

 

はじめての方には、エステハイフがおすすめ

 

以上の点から、はじめてハイフをやる方には、エステハイフがおすすめです♪

エステハイフなら…、

  1. 低いレベルから、徐々に調節可能
  2. 費用が安い(初回5500円)
  3. ショット数が多いから、全体的に引きあがる♪

 

医療ハイフとエステハイフは、究極的にはその方の好みです。

お客様のご様子を見ていると、医療より出力が低くてもしっかり効果はでていますので、一概に「エステハイフは効かない」とは言い切れません。

まずはエステサロンでお安く、痛くなく体験していただき、もっと強いものをお好みの場合は医療に行かれるのがよいと思います。

 

6.jpg

 

エステハイフは、即日でもこのように効果が出ます!

リフトアップの他にも、

  • 脂肪溶解
  • タイトニング(引き締め)
  • コラーゲンの生成

といった、女性に嬉しい効果が満載です♪

 

 

ただいまホットペッパーで、お得なクーポンを配布中です♪

みなさまからのたくさんのご予約、心よりお待ち申し上げております。

  

rayleiバナー (2).jpg

 

rayleiバナー (1) (1).jpg

  

3.jpg

 

カウンセリングルームで、タロット占いもできます♪(辻堂タロット占いサロンSHIN)

詳しくはリンクをクリックいただくか、スタッフにお尋ねください。